前へ
次へ

離婚裁判には法定離婚事由が必要

離婚する際、まずはお互いの協議からスタートしますが、神剣慰謝料、養育費など、様々な要素があることから、場合によっては離婚の話がまとまらないこともあるかもしれません。その場合、次の方法として調停離婚、そして最後の手段として離婚裁判へと進んでいきます。このように離婚裁判までにはいくつか過程がありますが、裁判で離婚などを争うためには法定離婚事由が必要です。いくら離婚したいからと訴えを起こしても、法定離婚事由がないと法定で争うことが出来ません。気になる法定離婚原因は、配偶者以外と性的関係を持つような不貞行為があることや、同居や夫婦生活の拒否、扶養義務を怠るといった悪意の遺棄があること、相手が3年以上生死不明の場合、相手が回復する見込みがない強度の精神病を持っている場合、その他、婚姻を継続しがたいような重大な事由がある時です。以上のどれかに該当する場合は、裁判で離婚などを争うことが出来るようになります。

Page Top