前へ
次へ

離婚裁判、離婚が決まった後の話について

離婚裁判において、離婚が決まり、その後の内容について分からない人もいるでしょう。訴訟を起こした方は、判決が決まった10日以内に、判決書謄本と判決決定証明書を添えて、本籍地もしくは住まいの市役所に提出する必要性があります。結婚した際に名前の変更があった場合、名前の変更を求めるかなど、離婚裁判を行う前に考えていた方が良いでしょう。子供がいた場合は、子供の意思確認も大切です。離婚裁判で、離婚の判決が出ているにも関わらず、今まで住んでいた自宅に居座り続ける人もいるでしょう。弁護士などと相談し、半分は自分の資産である場合、家賃を支払ってもらう方法など考えてみるのもお勧めです。離婚裁判後、もしかすれば、相手側から嫌がらせを受けてしまうかもしれません。ストーカー行為による違反行為、脅迫罪、誹謗中傷であれば名誉毀損などで訴える事も可能であり、弁護士と相談すると良いでしょう。弁護士の方は、実際に離婚された人の後の生活方法について、熟知している場合もあります。そのため、不安があれば、しっかりと相談されておくのもポイントです。

Page Top