前へ
次へ

離婚裁判は段階を踏んで行われます

協議離婚や離婚裁判といった言葉を聞いた事がある人は多くいますが、実際にどのような離婚なのかわからないという人も多くいます。実際に自分が離婚の当事者にならないと、なかなか知る機会も少ないものだと思います。特にあまり耳にしないのが離婚裁判ですが、これは離婚の中でも手順を踏んで行う事になる裁判になります。実際に離婚をする際は夫婦だけで話し合いをしていきます。慰謝料や親権などお互いの要望を交えながら決めていきますが、この方法を協議離婚といいます。協議離婚は離婚の大体9割を占めており、多くの夫婦が自分達で話し合いを重ねていき納得したうえでどのような取り決めで離婚するかを決めている事になります。ですが協議離婚でも話し合いが決まらない時は、家庭裁判所を利用した離婚調停へとうつります。調停委員の方が間に入ってどのように離婚するかを決めていきます。離婚調停の段階でも離婚が成立しなかった場合は、最終的に裁判を行い離婚を決めることになるのが離婚裁判になります。離婚裁判になるためには、協議離婚、離婚調停をへて離婚が成立しなかった場合に行われる離婚方法となります。

Page Top