前へ
次へ

離婚裁判を行う前の離婚調停とは、その役割は

離婚裁判を行うためには、基本的に、先に夫婦関係調整調停を踏んでからしか、裁判の訴訟が行われません。ただし、相手の居場所が長期に渡って分からない場合などの特殊なケースに限り、直接、離婚裁判で裁判を行うことも可能です。裁判の考え方の中に、出来るだけ夫婦間の個人的な問題は、個人同士で解決する考え方があります。様々な夫婦間の問題を、裁判起こされていれば、裁判所が対応に困ってしまう場合もあるためです。夫婦関係調整調停は、夫婦間で問題を解決する場であり、夫婦間で決断する最後の場所でもあります。離婚裁判前の夫婦関係調整調停は、弁護士をつける必要性はありませんが、弁護士を付けるのもお勧めです。当事者同士であれば、慰謝料の問題など、払いすぎる場合もあり、少なすぎる場合もあるためです。離婚を望まず離婚裁判まで勧めたくない場合は、弁護士の言葉が相手の心を入れ替えてくれるかもしれません。調停が破談した場合でも、法律の知識を持ち合わせて、思いを満たせる方に優位に貢献してくれるはずです。

Page Top