前へ
次へ

離婚裁判時に争われる養育費について

離婚裁判時には、養育費のことについて争われることが少なくありません。結婚をして子供が出来た場合、子育てのために必要な費用は、双方の親が負担することになります。離婚する場合には、一方の親が子供の面倒をみることになりますが、他方の親の子供の扶養義務は無くなりません。そのため、不要義務を履行してもらうための請求ができ、それが養育費を支払ってということです。養育費を請求することは、当然の権利で行使することになんらためらう必要はありません。養育費額がいくらになるのかは、様々なことが関係してきます。たとえば離婚裁判時には、親双方の収入や子供の年齢などが見られることになりますよ。ざっくり平均的なことをいうと、1月あたり3万円~5万円程度が養育費の相場。離婚裁判後に、養育費の支払いが滞る場合があります。その場合に経済的に困ってしまうこともあるでしょう。そんな場合には、債務名義(判決等)に基づいて実地される強制執行することにより回収することが可能ですよ。

Page Top